コジコジのモラトリアム日誌

私はいつだって迷ってばかりだけど、遠回りしたからこそ見えた景色がありました。このブログはそんな私の成長記録です。

なんかすっきりした!たぶん私は大丈夫!!

f:id:gap_year:20180112121252p:plain

 

こんにちは。コジコジです!

私、もう一度ちゃんと就活をしてみようと思います!

理由は今の私は、まずは一人暮らしをしてちゃんと生計を立てられるようにすることが重要だと思ったこと、就職したら幸せがなくなってしまいそうだったけどそれは違うと思ったことがあげられます。

 

私は、数年前からずっと一人暮らしをしたかったのですが、大学生が家賃代をだすのは難しく、在学中は諦めました。

それだったら「卒業後すぐに就職すればできるじゃないか」と言われるかもしれませんが、就職したら不幸になる気がしてなかなか就職に踏み切れませんでした。

 

就職への不安がなくなった

私は小さい頃に色々なことがあったことや体調を崩してかなり辛かった時期があって、いつも将来に対して漠然とした不安を抱えていました。

 

大学に入学してからもうまくいかないことが多くて、精神状態がぐちゃぐちゃになってしまいました。

そんな時に参加したのが自給自足体験キャンプで、その環境が自分にとってかなり心地良くて、その後もゲストハウスでヘルパーをしたり、農家でインターンをしたり、WWOOFをしたりして、「こういう生活こそ私がやっていきたいことだ」と思うようになりました。

 

復学すると、毎日が平凡でとてもつまらなくなり、なぜそんな時間を毎日過ごしているのかがわからなくなりました。

休学中の生活が忘れられず、私の心は完全に学校や就職というものから遠ざかっていきました。

 

2016年の11月頃になると、大学三年生向けの就職セミナーや就活イベントも多くなってきてどんどん不安になっていきました。

 

「よし、とりあえず就活をしよう。」と決めたはいいものの、就職先をどんな基準で選んで、どうしたら自分が不幸にならないかを考えるのに頭を悩ませました。

自分の核が決まらない状態で、周りの声がたくさん聞こえてきて、自分の本当の気持ちがわからなくなりました。

 

「大手に入れば勝ち組」「ベンチャーに入れば成長できる」「やっぱり給料は多い方が良い」「休みは大事」など周りから聞こえてくる様々な声を自分事として考えるのが私にとっては非常に難しかったです。

 

私は、休学中に安定した生活を捨てて、たくましく生きる旅人達に出会ったり、人間の欲よりも地球環境を考えて生活する人達に出会ったりと、日々経済活動の歯車となって生活すること以外の生活スタイルを考えるようになりました。

 

私は、人からの影響をかなり受けやすく、人から話を聞くと全部信じてしまい、その度に自分の考え方が変わってしまいます。

ちょっとした話を聞くだけで自分の人生について深く考えすぎてしまうし、ちょっと批判的な意見を言われると心底落ち込みます。

受け取る言葉を選ぶということができなくて、全部全力で受け止めてしまうので、人の言葉にいつも振り回されています。

 

そんな私も最近は、受け入れる言葉と聞き流す言葉を分けられるようになってきました。

物事はAかBかの両極端で考えられるものではないし、人それぞれが今の生き方をしているのには彼ら一人一人のバックグラウンドが影響しています。

 

私が進路を決めることにあんなにも悩んでいたのは今までの私が経験してきたことに起因しています。

私が頭の中をぐちゃぐちゃにし、ずっと迷い続けていたことに対して批判され、一カ月くらい落ち込んでいた時期もありましたが、きっとその人には私の気持ちはわからないんです。

私の気持ちは私のバックグラウンドが影響しているものだから。

 

誰もが人生において立ち止まってしまうことはあって、そんな時に大切なのは、人と比べるのではなく、自分の人生の中で考えることが大事なのではないかと思います。

「あの人はもう進路を決めているのになぜ自分は決められないのか」と自分を責めるのではなく、「なぜ自分は決められないのか。自分が何を不安に思っていて、その背景には何があるのか」をしっかり考え、不安を軽減していくことが大切だと思います

 

私はブログで自分の思考を整理し、公開してしまうことによって心の靄がさっと晴れました。

誰もが心の中でくすぶっている問題はあって、それを解決できる早さは人それぞれ違います。

大事なのは自分がそこから抜け出す方法を見つけることで、決して早く前に進むことではありません。

 

ずいぶんかかってしまいましたが、私も前に進もうと思います。

見せかけの元気さとか楽しいふりをするとかではなく、とりあえず物事を悪い方向に考えるのをやめてみる!

起こっていない問題を心配するのではなく、事前に解決策を考えておいて万全の準備をして取り組む。

そんなふうに前向きに生きていきたいと思います。

 

気持ちがすっきりしたところで、第一章「就活やめました。田舎でフリーアルバイターになります」は終わりにします。

これまで読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

次回からもこのブログで、私の就活状況、将来の計画、日々思うことを綴っていきたいと思います!

これからもよろしくお願いします。

 

 

心をホームポジションに戻すこと

f:id:gap_year:20180109214406p:plain

 

こんばんは。コジコジです!

私は1月1日から8日まで自由を謳歌しました。

大学の授業はなく、バイトも入れず、好きな時間に起きて、好きな時間に寝ていました。

 

何かをしてもいいし、何もしなくてもいい。

親戚の集まりや友人と遊びにも行ったけれど、一人の時間もたっぷりとった。

好きなだけネットサーフィンをして、じっくりブログを書いて、食べたい時に食べたいものを食べる。

 

一見、自堕落に見えるこんな過ごし方はとっても贅沢で、自分が自分らしさを取り戻すための大切な時間なのだと思います。

 

心のホームポジション

私は時々、やわらかい心がどこかに行ってしまって、とげとげした心でひとり悲嘆に暮れているときがあります。

 

「私の人生どうしてこうなってしまったんだろう?」

「あの時ああしていれば」

「私なんて…」

 

そんなふうになってしまうと、ちょっとしたことで得られる楽しいことやほっとすることを忘れてしまい、二度と良いことなんて起こらないような気がします。

 

でも、ちょっと落ち着いて、人に会ったり、自分が好きなことを好きなだけしたりすると、とても穏やかな気分になれるのです。

 

とは言っても本当に深く落ち込んでしまった時はどうしようもないので、時が解決してくれるのを待つしかないですね。

 

でも私がいつも覚えていたいと思うことは、自分の心を「幸せ」というホームポジションに戻すこと。

 

 日々嫌なことがあったり、昔のことを思い出すたびに心がホームポジションから遠ざかっていて、いつの間にか幸せの温もりを忘れています。

でも幸せのホームポジションの温もりとホームポジションへの戻り方さえ覚えておけば、それを知らないよりもずっと早く立ち直れると思います。

 

 人生って嫌なことも嬉しいこともたくさんあって、それに一喜一憂していたら大忙し。

上がったり下がったりで疲れてしまいます。

 

ずっと悩んでばかりで不幸癖がついてしまうと、何も起こってないのに不安になったり、良いことが起こってもその波にうまく乗れなかったりします。

そんなのもったいないです。

だから幸せな時は素直にそれを受け入れて、辛い時は心をホームポジションに戻すことを忘れない。

人生嫌なことはたくさんあるけれど、そうやって笑って生きていけたらいいなあと思います。

 

 

ブログから生まれる学ぶ意欲!

f:id:gap_year:20180108105724p:plain

こんにちは。コジコジです!

最近ブログを書くのがとっても楽しくて、今日は連続更新6日目になります!

1月2日は書けなかったのですが、もし書いていたら年明けからずっと更新していることになりましたね!残念!

それでも今まで5日連続更新が最高だったので、記録を破りました!

 

ブログって書きたければ書けばいいし、書きたくなければ書かなくていい。

ただただ自分の心の赴くままに書きたいことを書けばいいところがいいなーって思います。

 

私は今まで、「あれをやりなさい」「これをやりなさい」と学校などで言われるからそれをやっていました。

 

確かに農家に行ったり、ゲストハウスでヘルパーをしたりと自主的に行動もしてきたけれど、行った後のことは受け入れ先任せでした。

「行ったら何かができる」「行ったら何かを教えてもらえる」という具合に。

 

でも、ブログは、「今日はこれを書きたいからこれを書こう!」「ちょっと広告も入れてみたいな!」「じゃあお問い合わせフォームも設置しなきゃ!」と自分でやりたいことがどんどん浮かび上がってきて、実践できています。

ブログは個人レース!確かにいつも読んでくれる読者さんもいるけど、場を作って文字を書いていくのはひたすら一人でやること。

今まで人任せにしてきた私にとって、自分で発信し、自ら向上していくのは初めての経験です。

 

ブログのネタ

ブログって一記事書くだけでも、自分の中にあるものをぶわーっとだすので、それを毎日毎日書くのってかなり難しいことだと思います。

ブログを書くためにいつも情報収集をして、深く思考して、記事にする。

片時も気を抜かずにネタ探し。

 

そんなの私には無理です。

皆さんもご存知の通り、私のブログは情報収集とか一切してないんです。

いつもひたすら自分の思考の整理をするブログで、一貫性なんて全くなくて、「あーでもない」「こーでもない」とひたすら迷走しているのです。

 

でも私はそれでいいんじゃないかと思います。

私は読者に有益な情報なんて提供してないけど、「いつも勇気もらってるよ」と言ってくれる人もいます。

こんな私が文章を書くことで、人に勇気を与えられるなんてびっくりです!


スポンサードリンク
 

 

わからないことすらネタになる!

最近文章を書くことのハードルが下がりました。

以前は自分の中でまとめてちゃんとしたものを書かないといけないと思っていたのですが、そんなこと全然ないのです!

わからないことすらネタになるんです!

私の昨日の記事を見てください。

 

gap-year.hatenablog.com

 

ひたすら吹き出しの部分がスマホでうまく表示されないということを書いており、その解決策は全く書いてないのです。

読んだら修正の仕方がわかると思ってしまった皆さんごめんなさい。

全然わかりませんでした。

でも私、これから勉強して修正できたらまた書きますね。

 

昨日の記事が多くの人にとって全く有益でないものだとしても、自分の財産にはなります。

自分がどういうプロセスでそれをやり、どこで失敗したのかを残しておくことによって、後でおかしくなってしまった原因を見つけやすくなると思います。

 

今度はパワポで吹き出しを作るんじゃなくて、ちゃんとCSSを学んでから作ってみたいです。

以前「HTMLとCSSを学ぶぞ!」なんて書いておきながらなかなか自主学習が進んでおりません。

Progate(プログラミングを勉強するサイト)で勉強していても、自分がどのコードを間違っているのか見つけられず、なかなか前に進みません。

 今猛烈にwebサイト制作を学びたくて、手軽に通えるスクールにでも行こうかなーと思っています。

良い場所があれば教えて頂けると幸いです。

「そんなことよりいいかげん身の振り方を考えろ!」という言葉は耳が痛いので言わないで頂けると助かります。」

 

学びのモチベーションは自主性から

学びのモチベーションってこういうことなんだなーと思います。

高校でも大学でも、授業があるから行く、課題が出されたからやるというような感じでした。

いくら行きたい学校を選べるとは言っても、通い始めたらそこに義務が生じます。

高校や大学に行くことすらも、「周りの人が行っているから」という理由で、そこに強い自主性は感じられません。

 

本来なら私は、大学に行くべきかどうかから考えなければなりませんでした。

そこをすっとばし、どこの大学に行くべきかという問題から考え始めたのかがそもそも良くなかったと思います。

周りが行くから行くのではなく、自分がどうしたいのかきちんと考えるべきです。

 

こんなふうに。

 

「自分は大学に行くべきなのか」

     I

「どうして行くべきなのか」

     I

「何を学びたいのか」

       I

「なぜそれを学びたいのか」

       I

「それを学ぶのは今でなければならないのか」

     I

「なぜ今なのか」

 

 「なんとなく」とか「周りが行くから」というのような理由だと大学に入ってから、「これは自分のやりたいことと違う」「大学に行っている意味がわからない」というような状況になります。

まさに私がそうです。

 

でもじっくり選んだとしても、理想と現実のギャップに苦しむことになるんだろうなーと思います。

それでもちゃんと考えておいた方がその思いも軽くなるのではないでしょうか。

あれあれ、進路をちゃんと決められない私がこんなことを言っても全く説得力がないか~。

えらそうにすみません!

まあ人生悩みは尽きないですよね!

とりあえず楽しんで生きていきましょう!

ではまた~

 

 

 

お詫び 昨日のスマホ表示がおかしくなってました!

f:id:gap_year:20180107202223p:plain

 

こんばんは。コジコジです!

 

昨日はめずらしくブログ内に吹き出しを入れてみました。

 

昨日の記事はこちら

gap-year.hatenablog.com

 

スマホから読んでくださった方は気づいたと思うのですが、吹き出しと人のイラストの位置がぐちゃぐちゃでした!

申し訳ありません!

パソコンで見るとこんな感じ

f:id:gap_year:20180107190812p:plain

 

f:id:gap_year:20180107191149p:plain

 

ちょっとずれてますが、そんなにおかしくはないですよね?

スマホで見ると

f:id:gap_year:20180107190754p:plain

 

ここまではいい感じ

ここからが…。

f:id:gap_year:20180107191404p:plain

 

あらあら、人があっちに行ったりこっちに行ったり。

これでは読みにくいですよね!

ごめんなさい。

 

スマホでの表示がおかしいのは気づいてたのですが、直そうとすれば直そうとするほどどんどん位置がおかしくなってしまい、最終的にギブアップしてそのまま投稿してしまいました。

ごめんなさい。

 

私も吹き出しを使った記事を書きたい!

私はいつも心の中にある言葉をぶわーっと書きたい人間なので、今まで吹き出しを使って文章を書いたことがなかったのですが、昨日はどうしても吹き出しを使って書きたかったんです!

吹き出しを使って書くことで、私達のやりとりがより鮮明に伝わるだろうなと思って。

 

しかし、吹き出しを使った文章を書くのってなかなか難しいみたいです。

はてなブロガーさんはご存知の通り、はてなブログには吹き出しを追加する機能なんてありません。

f:id:gap_year:20180107193301p:plain

f:id:gap_year:20180107193301p:plain

 

そこで、私は調べてみました。

f:id:gap_year:20180107193622p:plain

 

とても丁寧に説明してくださっているブロガーさんがたくさんいるのですが、やっぱり私にはさっぱりわからなくて…。

 

パワーポイントを使うことにしました!

f:id:gap_year:20180107194132p:plain

 

こんな感じでパワポで吹き出しを作っちゃって、吹き出し一つ一つを切り取って、はてなブログに張り付けて、人のイラストも吹き出しの近くに貼り付けました。

 

その後、画像の微調整の仕方を調べたところ、HTML編集で<div style="text-align:left(right);">と書けば画像が動くと書いてあったのでやってみました!

 

するとパソコンはうまくいった!

ありがたい!

 

しかし、スマホでみたらぐちゃぐちゃで、自分でも笑ってしまいました。

でもなんとか昨日のうちに記事を公開したくて、そのまま公開してしまいました。

「公開してしまったことを後悔しています」なんていうダジャレを言うのはここではやめておきますね!

 

うーん。

文字だけではなく、吹き出しや図を使ったブログを書くのって難しいですね!

ここで使っているスクリーンショットもかなり見づらいですし。

ちゃんと調べて出直してきます!

 

今日も欠陥だらけのブログを読んでくださってありがとうございます!

初心者ブロガーこれからも頑張ります!

今日のブログを読んで、「そこはこうすれば直るよ!」って気づいてくださった方はこっそり教えてくださいね!

ありがたく学ばせて頂きます!

 

ブログを書いていると文章を書くだけではなく、デザインを変えたくなったり、お問い合わせフォームをつけてみたくなったりとやってみたいことがどんどん増えていきます。

 

その度に調べて、色々なブロガーさんの記事を参考にしてブログを進化させています。

わからないことだらけなので、新しいことをしようとすると、とっても時間がかかるけど、日々新しい知識が増えて、できることが増えていくのが本当に楽しいです!

これからもブログを続けていきたいなーと思います。

これからもよろしくお願いします!

ではまた~。

 

 

やっとわかったぞ!私が迷走し続ける理由

f:id:gap_year:20180106164643p:plain

 

こんにちは。コジコジです!

昨日Pairsで知り合った同い年の人と会ってきました。(3回目)

その人はとてもユニークな世界一周をしようとしていて、考え方が似ている部分もあったのですぐに仲良くなりました。

彼の壮大な計画は「本当にそんなことができるのか」と心配になるほどです。

最初は大きな目標を掲げているだけかと思ったのですが、着々と準備を進めて、綿密に計画をしていく姿を見ていると、「本当にこの人は実現させてしまうかもしれない」と思うようになりました。

その人には私が田舎でフリーアルバイターになる件も話しており、「いいですね~」と言われていたのですが、昨日の会話で私の思考が全然整理されていないことを知って一緒に作戦会議をしてくれました。

 

私のブログを初めて読む方はこちらから

gap-year.hatenablog.com

 

 作戦会議

f:id:gap_year:20180106134412p:plainf:id:gap_year:20180106134544p:plain

         

                                                                               f:id:gap_year:20180106114956p:plain

  f:id:gap_year:20180106133332j:plain 
 
                                                               f:id:gap_year:20180106133802p:plainf:id:gap_year:20180106133332j:plain
 

                                                                  f:id:gap_year:20180106133950p:plain                                                                                                                                  f:id:gap_year:20180106133332j:plain                  f:id:gap_year:20180106141240p:plain                                                 f:id:gap_year:20180106134847p:plain
                                                       

f:id:gap_year:20180106134412p:plainf:id:gap_year:20180106135235p:plain 

                               

f:id:gap_year:20180106181622p:plain
f:id:gap_year:20180106133332j:plain

f:id:gap_year:20180106134847p:plainf:id:gap_year:20180106135936p:plain                                                                                                         

f:id:gap_year:20180106142626p:plain
f:id:gap_year:20180106133332j:plain
 f:id:gap_year:20180106134847p:plainf:id:gap_year:20180106143012p:plain

 

私の今後の戦略

上の会話で私がいかに何も考えていないのかがばれてしまいましたね。

私は、「食べ物を自給できる生活力のある人になりたい」、「自然と共に生きていきたい」という思いがあるので田舎暮らしをしたいと考えています。

でも私は計画を立てるのがどうも苦手で、「まあどうにかなるっしょ!」くらいにしか考えていません。

とりあえず田舎暮らししたいな~、農業やりたいな~、行きたい会社もまだ追加募集してるな~。

うーん、どうしよっかなーと。

 

f:id:gap_year:20180106173405p:plain

f:id:gap_year:20180106134847p:plain

 

田舎暮らしをするには…

お金も必要!

親の説得も必要!

車も必要!(私はペーパードライバーです)

農業をやるなら土地と人脈も必要

 

f:id:gap_year:20180106173635p:plain

f:id:gap_year:20180106134847p:plain


そもそも私の専門は英語

 

     f:id:gap_year:20180106172652p:plain

f:id:gap_year:20180106134847p:plain

f:id:gap_year:20180106133332j:plain 私反省しました!

私は、「大学卒業後の進路は自分が決めたい!自分の人生は自分で決める!」と思っていて、大金を払って大学を出してくれた親のことを全く考えていませんでした。

過去に田舎でフリーアルバイターになる件で親を説得できたという記事を書きましたが、あの後も全然納得していなかったみたいで、進路の話になる度にけんかしてきました。

gap-year.hatenablog.com

私は、「別にいいじゃん、私の人生なんだし、ほっといてほしい」と思っていたのですが、ここまで育ててもらった恩は返すべきだなと思いました。

それは自分が我慢をするということではなくて、大学で学んだことを生かしつつ、自分が好きなこともできて、きちんと生活をしていける選択。

 

私だったら大学で勉強してきた英語と学生生活の中で興味を持ちだした農業。

それを組み合わせたものを進路にし、且つ自分が納得できるようにすること。

それこそが親孝行なのだと昨日気づかされました。

田舎暮らしは今じゃないといけないのか!?

現状の整理

今気になる企業がまた募集をしている。

今は十分な資金がない

親に恩を返す義務がある(ネガティブな意味ではなく)

田舎暮らしは今でなくてもいいかも

今後の方針

企業の選考に受かったら

全力で仕事する!

会社に行きながら田舎暮らしに必要な情報や資金を集め、完全に準備ができてからやめる。

企業の選考に落ちたら

企業の人に来年受かるにはどんな経験が必要かを聞き、新潟に行くなり海外でWWOOFするなりする!

翌年もう一度就活をする。

 

まとめ

というわけで、今回私がいかに準備不足で一人よがりな親不孝者なのかがよくわかり反省しました。

 

 私は、「新卒でみんなが就職する必要はないでしょ!」とか「みんなが同じ時期に同じことをするのはおかしいでしょ!だったら今私がやりたいことをやる!」

と思っていたのですが、問題は私が新卒採用を利用して就職するかではなく、田舎暮らしをするためにどうするかでした!

将来的に田舎暮らしや農業をするための資金集めとノウハウを得るために就職をするという道もありますよね!

確かに新潟で一年間を過ごすくらいの資金はあるのですが、「その後どうするの?」と言われたら、「まあ就職するか、そのままフリーアルバイターとして生活するかのどちらかかなー」と適当に考えていたのですが、親を安心させることと自分の人生をより良いものにするためにちゃんとした計画も必要ですよね。

 

 なんだかバカ丸出しな記事になってしまいましたね。

私の思考の整理につき合わせちゃってすみません!

 いつも読んでくださっている方、ありがとうございます。

 

私はこんな感じの人間なので、これからも思考がふらふらしていると思いますが、ちょっと笑いたい時にでも読んでくださると嬉しいです!

ではまた~。

 

この方向性だとブログのタイトルも変えた方が良いかな~。

ブログを書くと悩みが減る!

f:id:gap_year:20180105232243p:plain

こんにちは。コジコジです!

皆さんは悩みってありますか?

当然ありますよね。

誰もが日常生活に転がっているちょっとしたことが気になってしまったり、大失敗をして立ち直れないほど落ち込むことがあると思います。

私もいつも小さなことでくよくよしたり、何も起こってなくても漠然とした不安に襲われたり、過去の自分の失敗や人に言われたことをいつまでも引きずっていたりしています。

そうすると、授業を受けていても、課題をやっていてもなかなか頭に入りません。

それってもったいないですよね。

 

ブログを始めたら変わった!

でも私、ブログを始めて変わりました。

長年自分の中で消化しきれなかったこととか日々の不安とか、そんなことを文章にして公開してしまえば、自分が悩んできたことってとっても小さくてどうでもいいと思えるのです。

私は、本当はあまりブログに書かない方が良いかもしれない自分の弱点や不安をブログに書いてしまっていますが、そういうものこそ書いてしまうと嫌なことが宙に浮いて消えてしまいます。

 

嫌なことを書くと言っても怒りを表現するとか不幸な感じを前面に出すとかではなく、文章の中にちょっとちりばめる感じ。

そして最後はポジティブにしめる!

ここが大事です!

 

嫌な感情は伝染します。

私もいつも不幸丸出しみたいな人と一緒にいると、自分まで不幸な気持ちになってきます。

だからそういう感情表現はやめた方が良いなーって。

でも自分の中に嫌な気持ちを閉じ込めておくのも違う!

だから嫌な気持ちをできる限り丸く包んで発信する。

文章を書くときなら、他の話題の中にさらっと入れてみる。

人に相談する時は、感情が相手に伝染しないように明るいテンションで話してみる!

そうすると案外良い感じに悩みが消えます。

 

私は友人に、「コジコジって初対面の人に相談するの得意だよね。」と言われたことがあります。

まさにそうで、私は相談事は初対面の人にするようにしています。

いつも一緒にいる人に相談してもそのコミュニティの中での常識から意見を言われることが多いので、悩みのループからは抜けられません。

親になんて相談したら絶対だめです!

「あなたのため」という偏った世界に連れて行かれて、余計苦しくなってしまいます。

 


スポンサードリンク

 

 

文章を書くと頭の中が整理される

文章を書いていると頭の中が整理されます。

自分の不安や嫌なことを紙にぐちゃぐちゃに書き出すだけでもいいと思うし、ブログに書いてもいいと思います。

私は、ブログを書く前は頭の中がぐちゃぐちゃしているのですが、書いている間に文字が降りてきて頭の中が整理されてきます。

書き終わった後には頭の中にかかっていた靄がすっきりなくなって、とても晴れやかな気分になれるのです!

そうすると授業の課題にも集中できるようになります。

 

ネガティブな発言は良くないのか⁈

上でネガティブな感情は丸く包んで発信した方が良いといいましたが、それは私にとってマッチした表現方法でした。

しかし、毒を吐いたり、ネガティブな発言をするから面白い人もいて、それが他人を勇気づけるのだったらそれはそれでいいと思います。

実際そういう文章だからこそみんなに愛されている人もいますし。

ただ、私はそういう手法をとらないというだけです。

 

ブログは唯一私が私のために作れる世界

でも自分が思ったことははっきり書きます。

他人にどう思われても良いです。

ブログは唯一私が作れる自分の世界ですから。

そこに遊びに来てくれて、「勇気もらえたよ」と言ってくれる人もいるし、「この人イタイなあー」と思う人もいると思います。

心配しなくても、後者の人はもう遊びに来ないと思うので、私は自分といつも読んでくれる人のために書きます。

自分のカッコ悪いところも嫌な気持ちも全部まともて

包んでポイです。

それが私がブログを始めてできるようになったことです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

そろそろ本当にブログのタイトルを変えた方が良さそうですね!

 

 

 

 

 

私が考える幸福とは

前回の記事

gap-year.hatenablog.com

 

休学して知った真の幸福

f:id:gap_year:20180104180239p:plain

こんにちは。コジコジです!

 私は、「真の幸せってなんだろう?」と日々考えてきました。

私は気分の浮き沈みが激しい方で、大学に入ってからは一、二年次は前期はかなり元気で、後期はひどく落ち込んで単位が取れがとれないということを繰り返してきました。

三年になると前期も元気がなくなり、なくなく大学を休学しました。

 

休学する直前は、頭が悩み事でいっぱいで、文字なんて全く頭に入らないし、楽しいことなんて何もないような気がしていました。

そんな時に休学して最初に参加したのが自給自足体験キャンプで、その時に出会った人々が自由で生き生きとしているのが印象的で、「私ももっと自由に生きてみてもいいんじゃないか」と思うようになりました。

 

これが休活ブログで私が書いた記事です。

kyukatsu.com

 

その後、一カ月単位で沖縄のゲストハウスで働いたり、農家でインターンシップをしたりしているうちに、「農」や「人との出会い」を軸に様々な地域で生活することこそ私にとっての真の幸福だと考えるようになりました。

 

しかし、休学中はそれで許されるものの、三年の後期に復学をした私にとって就活は目を背けられない問題でした。

「卒業後一年間はWWOOFで色々な農家に行きたい」「一年間集落のインターンシップをしたい」と親に言ったところ、猛反対されました。

 

復学すると逆戻り

復学すると毎日が退屈でした。

たいして興味のない授業、本質的ではない就活、新鮮味のない日常。

何もかもがおもしろくなくて、「どうしてこんなに退屈な毎日を過ごさなければならないのだろうか。」「大学をやめて旅をしながらその都度必要な知識やスキルを身につけていく方が良いのではないかと考えるようになりました。」

しかし、親にだしてもらっている学費、卒業しなければ親の労力が無駄になってしまいます。

そんなわけで、私は意味があるかどうかは置いておいて、とりあえず大学に行けば良いと考えるようになりました。

 

それから私は何かを学ぶために大学に行くという考えをやめ、卒業するために大学に行くという単なる義務で行動するようになりました。

授業にでるのは単位のためになり、提出物のクオリティにもこだわらなくなりました。

そうすると、目の前のことに一生懸命になれない自分がさらに嫌いになり、どんどん毎日が楽しくなくなっていきました。

 

就活していても自分の真の心に従えず、人の意見を聞いてこっちにふらふらあっちにふらふら。

結果的に体調を崩してしまいました。

 

感情も安定しなくて、テンションが高くなって全てが楽しいと思うことや興味がある分野に対して人を質問攻めにしたかと思えば、ひどく落ち込んで生きていてもどうしようもない気持ちになることもありました。

 

こんなんじゃだめだと思った私は、就活をやめ、自分の心に正直に従って田舎でフリーアルバイターになることを決意しました。


スポンサードリンク

 

 

そして見つけたこれからの道

gap-year.hatenablog.com

 

真の幸福はもっと近くにあった

 

でも最近思うんです。

私の幸福は定職につかないことで勝ち取れるものなのかと。

前回の「私が考える自由とは」でも書いた通り、どこにいても大切なのは精神的な自由で、それがなければ真の幸福感を勝ち取ることはできないと思います。

例えば、田舎でフリーアルバイターになったとしても、違う選択をした人を羨んだり、人生の方向修正がうまくいかなくなってふてくされていたら意味がないです。

大切なのはどこにいても何をしていても幸福だと思えること!

これができれば、かなり人生が楽しくなるのではないかと思います。

 

日常生活で小さな幸せを見つけ、それを楽しむこと!

最近それができるようになってきました。

 

gap-year.hatenablog.com

gap-year.hatenablog.com

 

 

私が考える幸福とは 

 私が最近思うことは、幸福は日常の小さなところに転がっていてそれに気づかないだけなのではないかと思います。

例えば、しばらく身体を動かしていなかったけど、羽根つきをやったらとっても楽しかったとか。

視野が狭くなって何も楽しいことなんてないと思っていたけど友達とクリスマスパーティーをしたら楽しかったとか。

いっぱいいっぱいになって周りが見えなくなってしまった時に、少し落ち着くと楽しいことって周りにたくさん転がってるのです。

そういうことに気づくことが幸せへの一番の近道なのではないかと思います。

 

田舎でフリーアルバイターになるとしてもならないとしても、このような幸福感を大事にして日々生活していくことが大事だと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。